ウイスキー ワイン
クラフトビール 量り売り
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
 
メルマガ登録ページ
メルマガ登録
ショッピングカートを見る

SALEバナー

ABOUTバナー

Blair Athol / ブレアソール25年 1995 GM コニサーズチョイス カスクストレングス
700ml 50.9%

樽:リフィルアメリカンホグスヘッド
生産本数:209本
国内入荷本数:24本

---テイスティングコメント---
香り:チョコレートやライムの甘い柑橘系の香りがほのかなバニラのさやに変わる。グリーンアップルが刈りたての草を伴って現れる。
味わい:焼きリンゴの甘い風味がほんのりココアパウダーを伴った軽めの胡椒を引き立てる。
フィニッシュ:ピリッとしたライムをいつまでも感じる、ミディアムボディーでわずかにドライなフィニッシュ。

【Blair Athol / ブレアソール蒸溜所】
蒸留所の創業は1798年です。その当時、蒸留所は敷地の農場の名からアルダワーと呼ばれていました。ブレア・アソールという蒸留所名になったのは、1825年に政府の認可を受けてからです。ブレア・アソール蒸留所があるのは、南ハイランドの保養地として有名なピトロッホリー。この町は夏目漱石がロンドン留学中に訪れた土地としても知られ、彼の滞在したダンダラックの館は、現在はホテルとして運営されています。蒸留所はそのピトロッホリーの町はずれにあります。

蒸留所名の由来は、アソール公爵の居城であるブレア城に因んでいますが、実際には蒸留所と城とは18キロメートルほども離れています。ブレア城は昭和天皇が皇太子時代に滞在(1921年)した城としても、日本人には馴染みのある場所かもしれませんね。なお、ブレア城のあるブレア・アソール村ははBlair Athollと綴るのですが、蒸留所名は最後の「L」を一つ省いてBlair Atholと綴っています。

仕込み水は蒸留所内を流れるアルト・ダワー川から引いています。大変清らかな川として知られ、1887年に蒸留所を訪れたアルフレッド・バーナードは、ここの水の輝きはまるでクリスタルようだと絶賛しました。なお、アルト・ダワーとはゲール語で「カワウソの小川」を意味していて、オフィシャルボトル「花と動物シリーズ」のラベルにもカワウソのイラストが描かれています。

ブレア・アソールはブレンデッドウイスキーのベルの重要な原酒です。現在ブレア・アソールのオフィシャルボトルは発売されてなく、原酒はもっぱらブレンデッド用に回されているようです。ですので、とても入手しづらいシングルモルトのひとつだといえます。しかし、以前出されていた「花と動物シリーズ」12年のストックはまだ市場に残っていますし、限定バージョンのオフィシャルボトルも過去に何度かリリースされています。見つけたらぜひ飲んでおきたいシングルモルトですね。

販売価格

28,320円(税込31,152円)

在庫数
残り2 です
購入数